日銀金融政策決定会合を終えてからの今週の相場について


皆さん、週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?


ガラケーはエアコンの効いた部屋で、冬眠ならぬ夏眠?をしつつ、食っちゃ寝生活を送ってしまい、少し反省しております。

先週のBOJ・日銀金融政策決定会合はETFの増額のみに終わり、日経平均は支えられたものの、為替につきましては、その夜に発表されました米国4-6月期GDPが予想以上に悪かったことと相まって、ドル円、クロス円は軒並み下げました。

今までのアベノミクス相場では日経平均とリスクオフ通貨でありますクロス円がかなりリンクして動いておりましたが、先週の日銀金融政策決定会合をこなし、今後の相関性については新たな局面を迎え、今週は新たなレンジ、トレンドでの相場を迎えるのでしょうか。


今週も相場を楽しみつつ、慎重に、かつ確実にトレードしていければ幸いです。


◆◆◆ ガラケートレーダーがFX業者を徹底比較!“ガラガラ”PON! ◆◆◆ ガラケートレーダーがFX業者を徹底比較!“ガラガラ”PON!


◆◆ FX(証券)口座を開設するなら FX(証券)口座ひろば ◆◆

◇ ◇ てっとり早く勝ちたい人へ、ガラケーお奨めメルマガ ◇ ◇


●下記、4ブログランキングの応援クリックを宜しくお願いします!


為替・FX ブログランキングへ


にほんブログ村





黒田バズーカ4はいつ??VOL.4


皆さん、日々のトレードお疲れ様です。


トレードの成果はいかがでしょうか?

本日はこれよりFOMCがありますが、直近の焦点は日銀金融政策決定会合であり、日銀金融政策決定会合を迎える直前でもありますので、ほぼ“無風”でしょう。

そうなりますと、黒田バズーカ4は今回こそは放たれるのでしょうか?

やはり今週は、黒田バズーカ(安倍バズーカ)が焦点となります。ドル円にして5円前後、日経平均にして1500円前後織り込まれましたが、黒田バズーカ(安倍バズーカ)は果たして炸裂するのでしょうか?


バズーカ写真1



こういう相場の時にワンポイントメモ ポジポジ病患者への処方として相場道格言:絶好な球だけを打ちにいくこと。


◆◆◆ ガラケートレーダーがFX業者を徹底比較!“ガラガラ”PON! ◆◆◆ ガラケートレーダーがFX業者を徹底比較!“ガラガラ”PON!


◆◆ FX(証券)口座を開設するなら FX(証券)口座ひろば ◆◆

◇ ◇ てっとり早く勝ちたい人へ、ガラケーお奨めメルマガ ◇ ◇


●下記、4ブログランキングの応援クリックを宜しくお願いします!


為替・FX ブログランキングへ


にほんブログ村





“新インジゲーター”『相場の潮流』


皆さん、今週も1週間のトレードお疲れ様でした。


今週はゴールデンウィークでしたので、日中帯の相場は実質2日だけでありました。

昨日は米雇用統計で、ガラケーは米ドル円でしっかり稼がせていただきました。おまけにビットコインFXでも絶好調でありました♪

最近ガラケーは、中長期ネタに尽き?て、デイトレネタばかり書いておりますが、陰でシコシコと中長期トレードをしています。

中長期トレードは、常に資産を市場に晒してトレードするため、グローバルマクロでトレードをしていまして、いつも追いかけているのがコモディティ・原油価格や日経平均であり、一部株も保有しています。

そこで日経平均、株の相場観を養うのに、最近愛読しているのが、“アニキ”こと、井上哲男先生のメルマガ“『相場の潮流』 ”であります。


以下、井上さんメルマガ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

井上 哲男『相場の潮流』 2016年05月06日 10時00分

●●●● 様

 潮流17 毎日がSQ ?指数と先物はどちらが実勢か-

 1年に数度あるかないかの寄りつきが5/2であった。

 日銀の”現状維持“を受けて前週木曜日に日本時間で株式が急落し、3連休中に米国市場で円高が進み、日経平均先物が大きく売られて、「一体どのような寄りつきになるのか」と皆が恐れていたと思う。

 現在、日経平均は10秒に1度更新される。かつての、1分や30秒に比べて間隔は短くなったが、気配を採用しているものの、このような寄りつきの際、無力である。

 添付したグラフは、5/2の9:00から9:10の日経平均と同先物(ラージ、6月限)の15秒足である。

 これを見ると、日経平均は9:00から9:03まで1万6300円台で推移し、その後、1万6100円台に下落し、緩やかに上昇。そして、“タチが悪い”のが、先物とのスプレッドが縮小して“実勢”となったのが、9:06の1万6050円近辺なのであるが、それが、再度、指数が100円程度「下落」(1万6150円→1万6050円)して起きているということなのである。

 一方で、先物は9:00から1万6000円を下回る水準で推移し、日経平均とスプレッドが縮小した9:06直前の動きは、「上昇」となっている。

 日経平均の動きだけを追っていた人は、「(9:03に)“わっ”、急落した。(9:06に)1万6100円台で少し上昇を窺っていたのに、“わっ”、再度急落して1万6050円まで下落した」と思ったであろうが、先物の動き(寄りつきから1万6000円を下回る水準で推移していたが、9:05頃に1万6000円台にのせて(9:06に)1万6050円まで上昇した)の方が正しく株価の実勢を反映していたのである。

 この日の寄りつきに関する報道の“最大公約数”は以下のとおり。

 「日経平均は、金曜日シカゴの先物終値1万5860円を上回る、1万6300円台で寄りついたものの、その後、現物で大きな売り物が出たことにより急落し、9:10過ぎには1万6000円台を割りこむ場面もありました」

 添削する。

 「日経平均は、金曜日シカゴの先物終値1万5860円を上回る、1万6300円台で寄りついたものの、(× 寄っていません)その後、現物で大きな売り物が出たことにより急落し(× 成り行きの売り枚数に対応できるまで気配を切下げただけ)、9:10過ぎには1万6000円台を割りこむ場面もありました(○ 現物が全て寄った後に再度の小口売りで割り込みました)」

 まとめると、このような“非常事態”の際に、先物価格は「どのくらいまで売り気配が落ちたら現物が寄るのか」を考慮して値段をプロが決めているが、指数は一定間隔で行われる気配の切下げを追っているだけに過ぎない、ということである。

 恐いのは、中段に書いた、日経平均の動きだけを追っていた人が感じたであろう、2回の“わっ”という恐怖心が「投げ」という投資行動にその後結びついていないかということなのである。

 「SQ」というと、毎月第2金曜日、「メジャーSQ」は3ヶ月に一度、3で割れる月の第2金曜日の指数構成銘柄の各寄りつき値から算出されるが、このSQ値は無論、日次でも算出することができる。

 5/2の日経平均採用銘柄の寄りつき価格から算出されたSQ(日経平均)は、1万5793.21円、
つまり、1万6000円を割っている。正しかったのが先物価格の推移であったことがここからも分かるであろう。

 まとめ
 「大きなギャップ(窓)を開けたオープニングの際は、指数ではなく、先物の数字が実勢を表している」



掲示板はこちら
https://fx-on.com/asp/if/buy/members/mailmagazine/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社ゴゴジャン http://fx-on.com/
〒113-0033
東京都文京区本郷4-2-5 MAビル7F
お問合せ窓口:http://fx-on.com/inquiry/
関東財務局長(金商)第1960号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

掲載されている情報は、投資判断の参考となる
情報の提供を目的としており、投資等の勧誘
または推奨を目的としたものではありません。
各種情報の内容については、万全を期しており
ますがソフトウェアの正常な動作を含む内容を
保証するものではありません。
個別銘柄の選択及び投資判断の最終的な決定は
自身の自己責任による判断で行うものとし、
投資資産における運用の結果生じた損害の全部
若しくは一部について一切の責任及び負担を
負わないものとします。また掲載されている
内容は予告なしに変更することがあります。
当社が提供するすべての情報について、
当社の許可なく転用販売することを禁じます。
お申し込みの前には、契約締結前交付書面等
をご確認下さい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

相場観を養う指導も入っており、相場観を養うのに最適なメルマガです!


●“需給の鬼”井上哲男さんメルマガ

井上  哲男『相場の潮流』



いつも相場のインジゲーターとして愛読している、志摩さんメルマガ、江守さんメルマガ、西原さんメルマガに、さらに加わった井上さんメルマガが加われば、今年の荒れてる相場も、鬼に金棒!カンニングペーパーを持ってテストを受けるような感覚で、高いスコアをたたき出せております♪


◆◆◆ ガラケートレーダーがFX業者を徹底比較!“ガラガラ”PON! ◆◆◆ ガラケートレーダーがFX業者を徹底比較!“ガラガラ”PON!


◆◆ FX(証券)口座を開設するなら FX(証券)口座ひろば ◆◆

◇ ◇ てっとり早く勝ちたい人へ、ガラケーお奨めメルマガ ◇ ◇


●下記、4ブログランキングの応援クリックを宜しくお願いします!


為替・FX ブログランキングへ


にほんブログ村





“花舞四季”株師匠と相場飲み

皆さん、週末をいかがお過ごしでしょうか?


昨日は私の株の師匠で、相場のご意見番の花舞四季師匠(アニキ)と飲んできました。

相変わらず“アニキ”は相場観が鋭く、またアニキは株が主戦のため、株投資家の立場から相場観を語っていただけるので、為替トレーダーであるガラケーにとっては、非常に非常に有益かつ貴重な情報共有の飲みの場となりました。

昨日は土曜日だったので、もちろん“飲みトレ”はありませんでした。やはりトレーダーがお酒を飲むのは土日に限ります。


151031_192728.jpg


花舞四季師匠Twitter


アニキ、ありがとう!


◆◆◆ ガラケートレーダーがFX業者を徹底比較!“ガラガラ”PON! ◆◆◆ ガラケートレーダーがFX業者を徹底比較!“ガラガラ”PON!


◆◆ FX(証券)口座を開設するなら FX(証券)口座ひろば ◆◆

◇ ◇ てっとり早く勝ちたい人へ、ガラケーお奨めメルマガ ◇ ◇


●下記、4ブログランキングの応援クリックを宜しくお願いします!


為替・FX ブログランキングへ


にほんブログ村





黒田バズーカ3はいつ?? VOL.2


皆さん、お疲れ様です。


日々のトレードはいかがでしょうか?

昨日、日銀政策決定会合が行われましたが、黒田バズーカ3は放たれませんでした。

そうなると、いつ黒田バズーカ3は放たれるのでしょうか?

m1bazooka009_201510080421551e9.jpg


やはり今年の大目玉、11月4日日本郵政上場予定日の直近にあたり、次回日銀政策会合のある10月30日が本命ではないでしょうか?

11月4日日本郵政上場を最も確実に安定させた形で行うことを念頭に置きますと、10月30日ですと週をまたぐので、黒田バズーカ3で放たれたリスクオン・プライスを日本郵政上場に対して直撃で効果的に与えるには、サプライズという意味も含め、他のファンダメンタルズに最も影響の受けにくい、11月2日、あるいは当日11月4日もあり得るでしょう。

一昨日のブログの繰り返しとなりますが、11月4日まで現在のような比較的安定した市場で流れれば、日本郵政上場後に再度来るであろうチャイナショックの余波を始めとするリスクオフ相場まで、黒田バズーカ3は温存されるのではないでしょうか? あるいは黒田バズーカ3が当面放たれない可能性さえあるのでしょうか?

また、チャイナショックの余波を始めとするリスクオフ相場により、再び市場のセンチメントがセンシティブになった状態で黒田バズーカ3を放って、一定の効果が出ない場合、失望売りの材料となり、むしろ黒田バズーカ3が逆効果と成り得ることさえあり得ますので、放つには、細心の注意を払い、最適なタイミングを見極めているのではないでしょうか?

他方で見極め過ぎて、現在のFRBのような利上げのタイミングを逃したのと同様に、黒田バズーカ3の打つタイミングを逃してしまうこともあるでしょう。

中国の国慶節の休みと、先週末の米雇用統計の予想を下回る数値により米国利上げ観測が遠のいたことによる新興国買い、TPP合意、グレコア株買戻し等により、リスクオン相場で比較的市場も安定しておりますが、中国の国慶節の休み明けにより、またまた何が出てくるかはわかりません。

日足チャートでテクニカル的に見ても、南アフリカランド円は、そろそろ一息ついて下げても不思議ではありません。

pz_201510080427344c7.gif


真のリスクオンは10月30日以降の黒田バズーカを期待した、10月中旬から後半ではないでしょうか?


◆◆◆ ガラケートレーダーがFX業者を徹底比較!“ガラガラ”PON! ◆◆◆ ガラケートレーダーがFX業者を徹底比較!“ガラガラ”PON!


◆◆ FX(証券)口座を開設するなら FX(証券)口座ひろば ◆◆

◇ ◇ てっとり早く勝ちたい人へ、ガラケーお奨めメルマガ ◇ ◇


●下記、4ブログランキングの応援クリックを宜しくお願いします!


為替・FX ブログランキングへ


にほんブログ村





最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
投資リスク
プロフィール

五十嵐隼人(ガラケートレーダー)

Author:五十嵐隼人(ガラケートレーダー)
はじめまして。

ドル円デイトレ、トルコリラ円、南アフリカランド円、ブラジルレアル円の中長期トレードをしている、ガラケートレーダーこと五十嵐隼人のFXブログ。
思ったことがあれば、このFXブログ、twitterやラジオ、雑誌等でつぶやいていきます。

▲ お問合せはこちらから

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ
Copyright © 副業で年収をこえよう!FXでゆっくり中長期投資手法 All Rights Reserved.